If Cats Disappeared From The World

先日注文した品が英国Amazonさんから届きました。

やったぜーーーー。

 

f:id:iamacacia:20181008220021j:image

大きな本屋さんにて

イギリスに着いて、次の日に入った大きな本屋さんの一番目立つ場所に置いてあった。

誰が何を言おうとアレルギーだろうと猫が好きな私はジャケ買いしようと思った。

よくよくみて見るとまさかの日本人作家の本!

運命でしょ!もう買うしかないっしょ!と思ったけど、私は英語の本なんて読んだことないし、帰るときの荷物にもなる。

そして地味にたけぇ。

 

本屋さん1周してもう一回考えようと思ったけど結論でず。

1週間ほど考えてみてどうしても欲しかったら買おうと思った。

 

そういえば、編み物の本が充実していてそっちも気になった。

大きな本屋さんだからなのか、日本の作家さんの英訳された本が結構あったし、文房具のメイドインジャパン率高くて全く私は何も貢献してないし関係ないけど誇らしげな気持ちになった。 

 

イギリスではネットの方が安い

考えてみたけどやっぱりどうしても欲しくて、購入を決意。

英語の本読んだことないけど、そんなの関係ないよね、勉強になるし。

 

また本屋さんに行こうと思ってたところで新しい情報が。

イギリスではだいたいなんでもネットの方が安いんだって。

日本では本は例外でネットも本屋で買っても同じ価格だし、割引なんてことありえない。

国が違えばなんとやら、早速Amazonで調べた。

 

びっくりなんと£3ほど安い…

 

ってことで英国Amazonさんで購入しました。

これが初めての英語の本購入だよ!なんでも初めてはワクワクするね。

 

正直表紙は可愛いけど、日本のに比べたらチープな作りなのになんでこんなに高いんだよ、ってちょっと思ってたからこれはありがたかった。

翻訳料金みたいなのが含まれてるのかなぁ。

 

世界から猫が消えたなら

2016年に映画化されたほど有名なこの作品だけど、私はまだ見てない。

母と見たいねえ!と言いつつ結局観ずじまいだった。

映画館でおとなしく座ってるの苦手だし。

 

内容は全く知らないけど、元が日本の本だから、もし全然わかんなかったら日本で御本家の本を買って比較しながら読むってことができるからありがたい!

なるべく英語だけで理解して、日本語はどんな言い回しを使ってるのか推測して日本語版も楽しみたいな!

 

ロンドンでは、よく人が公園とかカフェで本を読んでる。

日本でもたまに見かけるけど、イギリスの公園の読書率は結構高い。

公園でのんびりしている人の多さにもびっくりしたけど。

自然と都会がこんなにも隣り合わせになってるロンドン、やっぱりいいなあ。

ほんとはもっと東京みたいなの想像してて、心配してた。

 

今度晴れた日に公園へ出かけよう。

これ以上寒くならないその前に!