乗っけて食べる、ヨーグルト

先日、日本では見かけないちょっと変わったヨーグルトを朝食用に買いました。 

f:id:iamacacia:20181009060529j:plain

ヨーグルトから話はそれてしまうけど、トウモロコシって日本で食べようと思うとちょっと高くて手を出せなかった。

イギリスではなんでだろうね、外国だからかな?買ってしまったよ。

そんなに安くもないのに。高くもないけど。

 

Split Pot CRUNCH YOGURT

f:id:iamacacia:20181009060537j:image

このSplit Pot CRUNCH YOGURTSというヨーグルト。

一袋6個入りで3種類が2つずつ入ってる。

ヨーグルトにチョコクランチを入れて食べるらしい。

 

日本で、上にはちみつが乗っかっててヨーグルトにかけれるタイプが出た時、日本のヨーグルトすげー!

と思ったけど、イギリスはもっと強かった。

 

見た目からもうお察しかと思いますが、子供向けな食べ物なことは明らかですね。。

ねるねるねるねシリーズ大好きな私としては、何かをミックスして食べるっていうちょっとした遊び心を感じられる食べ物にはそそられます。

 

それぞれの味を毎朝食べてみた

BANANA CHOCO FLAKES

f:id:iamacacia:20181010064336j:image

初日はバナナチョコフレーク。

買った時は、1つの袋の中にヨーグルトが入れられた容器とフレークが入った袋が個別に入っていて、ヨーグルトにフレークを入れて食べるのかな?と思ってたけど。

 

f:id:iamacacia:20181010064342j:image

ねるねるねるねの水入れるとこっぽいところに入ってた!!!

ヨーグルトとチョコフレークの間にちょっとした溝があって、そこを折り曲げてチョコフレークをヨーグルトに入れるというシステム、素晴らしい!

考えられてる。

 

まあ、そこまで期待はしてなかったけどバナナは入ってない。

ヨーグルトがバナナ風味、やっぱりか、って感じだけどあまーいチョコフレークだった。

ヨーグルトもぼちぼち甘いけど、あまーいチョコフレークの甘さをヨーグルトがいい感じに緩和してくれてる。

 

TOFFEE CHOCO HOOPS 

f:id:iamacacia:20181011053622j:image

2日目はとフィーチョコフープ。

トフィーって何かよくわかんなかったけど、キャラメルのような感じのものらしい。

 

トフィーとは、バターと共に糖蜜または砂糖を加熱して作る菓子である。材料は、摂氏150から160度のハードクラックキャンディ になるまで加熱する。トフィーは、ナッツやレーズンと混ぜて調理されることがある。

引用元 Wikipedia


f:id:iamacacia:20181011053613j:image

実際のトフィーとやらものを食べたことがないけど、やっぱりキャラメルみたいな感じだった。

バターと砂糖を加熱って、こってりしてて朝に向かないかなあと思ったけどそんなこともなかった。

 

3種類のフレークの中でも輪っかになってるチョコフープが一番気になってたけど、やっぱりチョコは甘い。

ヨーグルトと食べてこそのチョコフープでした。

単体では食べられない!

 

VANILLA CHOCO BALLS 

f:id:iamacacia:20181011210609j:image

3日目、最後のフレーバー、バニラチョコボール!

なんだろう、このパッケージの今までにないレトロ感は!

ヨーグルト部分がなんかかっこよく見える。

 

f:id:iamacacia:20181011210615j:image

中身はこんな感じでした。

毎日違う時間に撮ってるから光の当たり具合が全然違うし写真でちゃんと比較ができないけど、バナナはちょっと黄色味を帯びていて、トフィーさんはもう少し茶色みがあった。

バニラは3つの中で一番ホワイティだった。

 

開けた瞬間のバニラ感。

今までの2つと比べても、バニラが一番香りが強かった。

この香りでだいぶ甘いんじゃないのか…と心配してたけど、実際食べてみたら、

 

これ、日本でも食べたことがあるような気がする!!!

 

ってなった。

どのヨーグルトだったかは全く思い出せないけど故郷を思い出してしみじみしました。

チョコボールはなあ、ホワイトチョコ甘くて苦手だからなくても良かったかも。

 

まとめ

総じて言えるのがチョコ甘かった!

日本のチョコがいかに優しいかをこちらに来て痛感しています。

 

3つの中で一番好きだったのはバナナ風味ヨーグルト×チョコフレーク。

バナナってのはなんにしても美味しいと感じてしまう。

 

朝食にするにはちょっと甘いので、引き続きナイスな朝食探しを続けようと思う。